小説

These are all original novels written in Japanese.

ひだまりにねころんで

【作品へのリンク】

 とても可愛がっていた猫が死んでしまった時、我が家でこれまでに飼っていた猫や犬のことを記録に残したくて一気に書き上げた作品です。

 幸せに暮らしていた猫のひゅうまが、亡くなる前に、同じ家で暮らす犬のハナに「この家の猫たちの物語」を引き継ぎます。
 猫の物語には楽しいことだけでなく、現実的で残酷な話もあります。昔、動物病院が余りなかった頃は、生まれた子猫は捨てられる運命でした。

雪深き森のアジト

【作品へのリンク】

 スキーが上手い以外に何の取り柄もない主人公が、楽しい仲間たちとゲレンデで過ごした日々のお話しです。

 車山高原、苗場、お茶の水のスポーツ店街、斑尾高原、白馬が舞台になっています。

 日頃の疲れや悩みをゲレンデに来て解消する、そんな楽しい時間には終わりが近付いていました。ごく身近にあった事件、そして段々と狭まる捜査の手、彼らの滑り行く先はどこでしょうか?

狂い始めた手紙の果てに

【作品へのリンク】

 ロサンゼルスやグレートキャニオンを舞台に、一通の手紙から一枚のメモで終わる、回想を綴った物語。

 机に置かれていた暗号文、それは「あなたのセンスにほれました」のメッセージ。その意味を理解できないまま、手紙を交わし、やがて心を囚われて行く。
 そんな時に友人からドライブに誘われ、仕事と恋の相談を受ける。しかし自分のことで精一杯のため相手にせず、その後、友人は命を絶った。そこから出会いと別れを繰り返し、傷心でロサンゼルスに旅行に出掛ける。