7.6 涙のハートビート! ⑦
 ヒマリのジャンプはスロープ部分を完全に超え、平らな部分まで届いてしまっていた。水の張ってあるプールへの高飛び込みが、地面への飛び降りに変わってしまうようなものだった。
7.6 涙のハートビート! ⑥
 ミドルキッカーのスタート位置に立ったヒマリは、何も考えられず、ただ遠くへ飛びたかった。  ヒマリがスタートをした。
7.6 涙のハートビート! ⑤
 ミコトが飛び終わった。ミコトは後ろ向きで滑ってから飛ぶスイッチ540にグラブを加え、予選より点を上げて77点を出した。
7.6 涙のハートビート! ④
「マリ、暴れたらダメだよ。もっとユウヤを見送りたいの?じゃあ、もう少しだけだよ」  ヒマリはそう言ってユウヤを追って慣れない雪道を横断し始めた。
7.6 涙のハートビート! ③
「こら。これじゃ帰れないよ。それとも本当にウチに来たいのか?」  ユウヤがそう訊ねるとマリは鳴いて応えた。
7.6 涙のハートビート! ②
 大雪の日、マリはヒマリの家でユウヤに抱かれて気持ち良さそうにしていた。
7.6 涙のハートビート! ①
 会場に決勝開始を告げるアナウンスが流れる。 「さあ、ジュニア男子はユウヤ選手からです。予選では2本目にスプレッドイーグルからコザックの連続技で63点を出しています。決勝はどうでしょう。さあ、スタートしました」
7.5 心のメタモルフォーゼ! ⑧
「お前さぁ、もう少しツキハのことを考えろよ。優しくしてやればいいのに」  ユウヤは呆れたように言った。
7.5 心のメタモルフォーゼ! ⑦
「少し運動ができるだけで、ボクは他に何かできる訳じゃない。優勝できたってオコジョの森を守れるか分からない」  ヒマリはツキハから視線を外した。
7.5 心のメタモルフォーゼ! ⑥
 決勝は予選の下位から上位へのランク順に、ジュニア男子、オープン男子、公式戦女子、公式戦男子の順で各1本を飛び、2本目も同じ順番で飛ぶことになっていた。  ヒマリはツキハと二人でリフトに乗っていた。

さらに表示する