4.1 あの子に話したあの頃の幼馴染 ⑤
ユウヤは両親と姉二人の5人家族、ヒマリは祖父母と両親と妹の6人家族に加えて犬と猫がいた。
4.1 あの子に話したあの頃の幼馴染 ④
ユウヤは、以前のヒマリのことや自分たちの家のこと、家族のことをツキハに楽しく話した。
4.1 あの子に話したあの頃の幼馴染 ③
 二人はロビーの端にある自動販売機で飲み物を買った。ユウヤが欲しかった飲料がこちらの自動販売機で×印か否かは定かでないが、二人は飲み物を買ってからロビーのソファーに腰を下ろした。
4.1 あの子に話したあの頃の幼馴染 ②
ツキハは上着を脱いだだけで、まだスキーウェアのままだった。ユウヤがツキハの方に近付いても、ツキハはそれに気付かなかった。
4.1 あの子に話したあの頃の幼馴染 ①
大浴場の暖簾をくぐり、ユウヤとヒマリが通路に出て来た。二人は通路に設置されている自動販売機に近寄って飲み物を選んだ。
3.3 あの時の事故の後で ⑥
病室で眠ったままの妻の姿を見ていると、ツキハの父は医師に呼ばれた。
3.3 あの時の事故の後で ⑤
悪条件が重なって、ツキハの父は、雪で覆われた道路を横断しようとしている小さな子どもに気付くのが僅かに遅れた。
3.3 あの時の事故の後で ④
入退院を繰り返すようになったツキハの母の願いは、夫がワールドカップで活躍してオリンピックに出場することだった。
3.3 あの時の事故の後で ③
ツキハの父がワールドカップで活躍するようになった頃、ツキハの母は体調を崩した。病院で精密検査を受けるとステージが進んだ乳ガンだった。
3.3 あの時の事故の後で ②
「入院していたお母さんが危篤になった日、父さんは交通事故を起こした」 ツキハの父は噛み合わないまま話を続けた

さらに表示する