白い子猫は恋して空飛ぶ

3.1 ライバル登場、俺はフリーでしかスキーしない ②
ツキハの視線の先には少女と二人の少年がいて、コーチらしき男性が声を掛けていた。
3.1 ライバル登場、俺はフリーでしかスキーしない ①
ヒマリたち三人は、昼間練習をした小さめのキッカーに向かった。ナイターの灯りに照らされると、小さいキッカーでも立派に見える。
 2.3 ウォータージャンプをしながら花火大会見物 ⑤
ツキハの父はジャンプ台の先のプールサイドで手を振る子どもの姿に目を向けた。そこには忘れようのない目に焼き付いた顔があった。
2.3 ウォータージャンプをしながら花火大会見物 ④
三人はベンチに座って話し、夜まで練習して一緒に花火を見ようと約束した。
2.3 ウォータージャンプをしながら花火大会見物 ③
 三人はヘルメットとスキーブーツを脱いで観客席のベンチに並んで座った。そしてジュースを飲みながら休憩した。
2.3 ウォータージャンプをしながら花火大会見物 ②
ツキハがプールサイド側にいるコーチの傍に近付いて行った。
2.3 ウォータージャンプをしながら花火大会見物 ①
三人は、この施設の中で3番目の大きさの中ぐらいのジャンプ台で練習をしていた。
2.2 初めてのウォータージャンプ ③
「ねぇ、二人ともそれだけ飛べるなら、もっと大きいのを飛ぼうよ!」 とツキハが言った。
2.2 初めてのウォータージャンプ ②
「ここ初めて?きれいなジャンプだね!」とツキハがヒマリに声を掛けた。
2.2 初めてのウォータージャンプ ①
 ヒマリとユウヤの予定は遊園地でのプール遊びからウォータージャンプに変わった。

さらに表示する