第3章:あの子とのスキー場でのジャンプ練習


3.1 ライバル登場、俺はフリーでしかスキーしない

  ③ ④

3.2 オコジョから聞いた森が無くなる話

① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦

3.3 あの時の事故の後で

① ② ③ ④ ⑤ ⑥



【この章の舞台とあらすじ】

 

◆ナイターのスキー場

 

 ヒマリ、ユウヤ、ツキハの三人はジャンプの練習のためナイターのスキー場に向かった。

 そこではミコト、ハルト、ミスズというツキハの知り合いがコーチと一緒に先に練習をしていた。

 ユウヤは三人の難易度が高いジャンプを見て、少し気後れしたようだった。

 ヒマリが練習をしているとオコジョに声を掛けれらる。

 オコジョはヒマリが普通の人間ではないと分かっているようで、ヒマリに森を守って欲しいと頼む。

 ヒマリが森を守る力はないとオコジョに答えると、オコジョは森の奥に去って行った。

 ヒマリがツキハとユウヤにそのことを話すと、ツキハはスキー場の経営者への直訴をヒマリに提案した。

 表彰式で大会の優勝者への賞品の授与をスキー場の経営者がしているとのことだった。

 

◆ホテル内

 

 ナイターでの練習を終え、ヒマリ、ユウヤ、ツキハは各々の部屋に戻った。

 ツキハが部屋に戻ると、大会役員をしている父からヒマリのことで話があると言われる。

 ツキハの母が危篤になって急いで病院に向かった際、父が事故を起こした相手がヒマリだった。

 ヒマリは大きな怪我をしていなかったが、元々心臓が悪く、とても危険な状態だった。

 そのヒマリに、脳死となったツキハの母の心臓が移植された。

 父からその話を聞かされたツキハは部屋の外に出た。

 

 

【この章の主な登場人物】

 

・ヒマリ

 主人公。運動神経抜群の小学生の男の子。左耳が聞こえないが、不思議な力を持つ。

 以前は、生まれつき身体が弱く、親族が悪くて左耳が聞こえなかった。

 交通事故の後で危篤となり、ツキハ母から心臓移植を受けていた。

 その時に同じ交通事故で死んだ白い子猫のマリの心が宿った。

 手術後は運動神経抜群となったが、髪の毛に白髪が混じり、年々白髪量が増えている。

 聞こえなかった左耳から動物の声が聞こえるようになり、新月の深夜に子猫の姿になる。

 (音声:ついなちゃん、イラスト:うりさん)

 

・ユウヤ

 ヒマリの友だちで学年は一つ上、スキーは大人より上手い。女子から人気がある。

 ヒマリと同じ体操教室に通っていて、親の影響でスキーの上級者。

 ツキハのことが好き

 以前、子猫のマリに懐かれていた。

 大雪日、ヒマリの家で遊び、見送ってくれたヒマリとマリが交通事故に遭ってしまう。

 (音声:伊織弓鶴、イラスト:いおさん) 

 

・ツキハ

 父親がスキーのコーチをしているヒマリと同学年の女の子。母親はいない。

 ヒマリが遭った交通事故と自分の関わりを知らなかった。

 ヒマリとユウヤをスキー大会に誘った後で、父から事故のことを聞かされる。

 (音声:紲星あかり、イラスト:ともるさん、てとるさん、猫音ωさん)

 

・ハルト

 ミコトの親友でヒマリ、ユウヤのライバル。

 ぶっきら棒、気が利かないが根はとてもイイヤツ。

 (音声:東北イタコ、イラスト:落葉さん)

 

・ミコト

 ハルトの親友で、ヒマリ、ユウヤのライバル。

 気が利いて優しい。。

 (音声:伊織弓鶴、イラスト:落葉さん)

 

・ミスズ

 ツキハのライバル。ハルトやミコトと同じコーチに習っている。

 (イラスト:うりさん)

 

・ライバルのコーチ

 (イラスト:唯羽さん)

 

・ツキハ父

 スキーの日本代表選手だったが交通事故を起こして引退した。

 事故の相手がヒマリで、ウォータージャンプでヒマリを見掛け、滑走中に転倒して怪我をする。

 ツキハがヒマリを誘った大会の役員で、ツキハに事故とヒマリへの母の心臓移植のことを話す。

 (音声:水奈瀬コウ、イラスト:いおさん)

 

・オコジョ

 スキー場内にある森で人間に見つからないようにひっそりと棲んでいるオコジョ。

 (音声:ついなちゃん、イラスト:ともるさん)

 

・ナレーション:結月ゆかり

 

・BGM:

 フリーBGM DOVA-SYNDROME

 音楽素材MusMus